ピースパパの休日
「海歩き山歩きときどきまじめ」黒ズと歩む日常の絵日記

プロフィール

ピースパパ

Author:ピースパパ
Peace(ミックス♂)
2003.07.27生
Kona (ラブラドール♂)
2006.10.30生
Lei (ラブラドール♀)
2006.10.30生

Elsa(レオンベルガー♀)
-2004.08.12
Buzz (ハスキー♂)
-2006.09.06

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
もう一年・・・
まだついこないだのことのような気がしてしまうけど、バズが旅立ってから確かに一年が過ぎた。去年のこの時期はマックス、バズというhomeにとって大きな存在であった二頭との辛い別れが続いてしまい、精神的にかなりしんどい時期でもあった。マックスがシェパードの魅力を教えてくれたように、ハスキーの魅力を僕に教えてくれたのがバズだった。


死の間際、再び一人になってしまうことを恐れていたバズ。
バズは納得して旅立ったと思ってはいたが、本当に大丈夫か僕はそれだけが気がかりだったので、一年が過ぎようとしている頃バズとのアニマルコミュニケーションを依頼した。その結果、彼は以前の飼い主さん、その中でもバズをずっとかわいがってくれた娘さんに対して強い思いを抱いていることが分かった。

すでにバズの気持ちは僕らの下から離れていってたので多くを語らなかったが、分かったことはその娘さんが家を出て行ったのを機に「大きい犬は面倒がみきれない」という理由で手放されたということだった。だから今の彼の望みは「次は小さい犬に生まれ変わって最後までかわいがってもらいたい」ということだった。どんな理由があったのかは知らないが、僕はバズのその思いを知って自分の犬には絶対にそんな思いはさせたくないと思った。

今回バズの気持ちを改めて聞いて、「小さい犬になりたい」と思うバズの気持ちは切なかったが、変に寂しがったりしていないということが分かってそのことは僕を少し安心させた。ほとんど薄れている我が家での生活の記憶だが、「パパの前では子供に帰れたよ」というメッセージをバズは残してくれた。ほんの少しでも、我が家にいたことでバズの寂しさが紛れていてくれたことを願う。

バズとピースの楽しそうな姿を見て、僕は二頭飼いを決心した。バズに出逢えたから、僕はコナを迎えることができた。短い間だったけど、パパの子になってくれてありがとう、バズ。
20070909012511.jpg

僕らは元気にやってるよ!
【2007/09/08 23:50】 | バズ | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑

copyright 2005-2007 ピースパパの休日 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。